栗田 真実について

B型一人っ子。協調性0&甘えん坊からの脱却!!

こんにちは。僕が生まれ育った地元は、お茶やミカン、そしてちびまる子ちゃんでも有名な静岡県清水区です。そしてマグロの水揚げ量が日本一の港町でもあります!気候も良く、海、川、山に囲まれた最高の故郷です!言うまでもなく、食べ物も海の幸、山の幸が両方味わえます!

そして外に出れば当たり前の様に富士山が見えます!世界遺産[三保の松原]も車で20分程です。今でも実家が大好き過ぎて、暇さえあれば、すかさず帰省しています(笑)

そんな僕は、両親と祖父母の5人家族に生まれました。そして家族全員B型という、B型のサラブレットに加え、一人っ子。説明いらずの典型的な『自己中&マイペース&甘えん坊』でした。。

小学校2年生から始めた野球と、母に無理やり習わされたエレクトーンの二刀流で小学生ながら、ほぼ休みなしの忙しい毎日。

エレクトーンはセンスのかけらもなく、小学生で断念しましたが、野球は中学生位まで本気でプロ野球選手になれると信じてやっていました(笑) 小学生からエース。中学生の頃には選抜チームにも選出され、そのまま推薦で高校へ入学!

入学した高校は全校的にもサッカーで超有名な高校。(同級生でJリーガー5名輩出)。野球部の肩身が狭い(笑)そして、野球部は当然坊主。。

この頃の強制的な坊主頭時代の髪に対する欲求が後に美容の道を志すきっかけになったと思っています(笑)

高校二年生の時、野球推薦で入学したにも関わらず、禁断の退部。そして高校在学中から近所の美容室でアルバイトを始めました。この頃の僕は今考えるとなかなかクレイジーな時期で、サーフィン、バンド、バイク(アメリカン)を乗り回し、恐らくモテたいの一心だけで行動していました!


そして高校卒業後親父と『どうせ東京に出るなら、フェラーリに乗れるくらいの美容師になってこい!』との約束を胸に上京!

しかし!!

東京の美容学校を卒業後、就職もせずに日本一周?(中途半端)や海外を放浪し、気が済んで美容師をやるかと思いきや、コンサート運営会社にてアルバイト開始。。

だいぶ脱線期間が長かったですが、23歳から表参道にて美容師生活を再スタートさせました。当時は、朝から夜中まで、もしくは終電に間に合わず泊まり込みの日も頻繁にありました。自分の時間はあまりなかったですが、凄く刺激的な先輩の下で働けていたので、雑誌やテレビ、地方へのセミナーの仕事など、とても貴重な経験をさせてもらいました!(今思えば。。)

途中、友人と阿佐ヶ谷にてBarを出店してみたり、相変わらず軽く脱線を繰り返しましたが、無事に佐々木と共に2010年9月17日【chakura Hair Salon】開業。翌年8月10日に二号店【chakura arka Hair Salon】開業。2014年9月13日整体院を併設して店舗拡張。

現在は、女の子と男の子の二児のパパとして子育てに仕事に奮闘しております!